筋トレ、シェイプアップなど、身体づくりのマネージメントを行うパーソナルトレーナー。

「昔からツボやマッサージに詳しくて。パーソナルトレーナーもしたことあるよ」

なんて言えば、痩せたい子、バストアップしたい子がわんさか寄ってきます。コンプレックス改善をネタに誘い出して、さらっとボディタッチ。最終的にはエッチな関係になれちゃう、驚愕のテクニックです。そのやり方をこっそりお教えしましょう。

自称パーソナルトレーナーでOK

パーソナルトレーナーは、専門的な知識と豊富な経験を要する、プロフェショナルな職業です。けれど必ずしも資格は必要ないところがミソ。友達の筋トレを手伝っただけでも、自称パーソナルトレーナーです。

内容について詳しく突っ込まれるとアウトですが、興味はあれど何も知らない子には、張りぼて知識でじゅうぶん通用します。万が一「どこでパーソナルトレーナーしてたの?」「どんな資格持ってるの?」なんて追及されたら、「…なんてね!冗談っしょ(笑)」とすぐさま土俵を降りましょう。無理して強引に続けると、ボロが出て詐欺罪で訴えられかねません。

自称パーソナルトレーナーを名乗るなら、バストアップ、脚痩せ、むくみ、小顔に効くツボくらいは最低限覚えておきましょう。まあ適当でもバレないかもしれませんが、ツボの正式名称を言った方がそれっぽく聞こえますし、信ぴょう性が増します。

一対一なら誘い出しやすい

「あまり知られてないけど、体型が別人になっちゃうくらい効くツボって本当にあるんだよね」

なんて夢のような話をすれば、ミーハーな女の子ほどすぐに食いついてくるでしょう。コンパならできるだけ女の子と一対一で話しているときに、こっそり話すようにしましょう。周りに誰か詳しい人がいて、嘘がバレると台無しです。

出会い系サイトなら、メッセージが他の人に見られないので好都合ですね。相手が疑う素振りを見せず信じ切っているようなら、その話題でグイグイ引き付けましょう。

まずは手のツボ押しから

メールで「今度会ったときにツボ教えてあげるよ」と伝えると、誘い出しがスムーズです。普通に「ご飯行こう」「デートしよう」と呼び出すのに比べ、何倍も簡単なはずです。

実際会うことができたなら、焦らず徐々にタッチ作戦を進めていきます。まずは手の平、腕あたりまでにしておきましょう。手ならそれほど警戒心を抱かせずに、ファーストタッチできます。

「ここは上半身に効くツボなんだ。あ、最近肩こりで辛い?」
「この部分にしこりがあるね。冷え性かな?」

と女の子なら誰にでも当てはまるような診断文句を付け加えれば、彼女はすっかり信用し切ってしまうはず。この段階まで成功すれば、最終目的エッチまでの準備は整いました。

あくまでも体質改善・美容目的と説く

「すごくスタイル良いから、カラダの悩みなんてないでしょう?」

と褒めつつ話を振れば、痩せたい、脚がむくむ、冷えるなどの悩みを治してもらおうと、女の子の方からどんどん打ち明けてくるでしょう。しばらくは「うんうん」と話を聞いてあげましょう。女性は自分の話に同調してもらうのがなによりも好きです。また、ここであまり薄っぺらい知識を小出ししてしまうと、ここぞというときにネタ切れするので要注意です。

「冷えに効くツボは、ヘソの裏側、腰の中心にあるよ」

と教えてあげると「ここかな?」と自分で押さえながら場所を確認してくるでしょう。

「うーんと、もうちょっと上かな」なんて訂正ついでにサッと手を出し押してあげれば、もうボディへのタッチは成功です。ツボに夢中になっている彼女は、男にエロい下心でお触りされているなんて、これっぽっちも思っていません。

状況をみてさらにステップアップ

周りに人気がない場合、あまり急ぐと女の子が我に返って、「危ないかも」と心の扉をしめてしまうことも。逆に人の多い場所であれば女の子も安心しきっているので、腰・肩・脚と、ほとんど全身タッチできます。ゴールに向けた折り返し地点からは、場所選びも重要です。

「ここだけの秘密だけど、即効効くツボ知りたい?」

と勿体ぶりながら尋ねると、確実に「教えて~」となりますね。

「ここ、脚のむくみが一気にとれるんだ。一週間で脚痩せできるよ」

と脚の付け根、鼠径部あたりを指圧。女の子は微妙な場所に手を伸ばされ「え?」と思いつつも、脚痩せという魅力的すぎるワードに気をとられ、つい許してしまいます。

じつは性欲を刺激するツボ

脚の付け根にあるこのツボは「衝門(しょうもん)」といい、下半身のリンパの巡りをよくして脚をスッキリさせるとともに、性欲をアップさせるツボでもあります。アソコの感度が良くなり、自然とムラムラしてくるのだとか。

押し続けてるうちになんとなく彼女の頬が火照り、目がうつろな感じになってきたのが分かれば見事に作戦成功。直接エッチな誘いをしてもいけそうな雰囲気なら、「もっと気持ちよくなるツボあるよ…」と言って、もっとキワドイ場所へと手を伸ばしガンガン攻めていくのもいいでしょう。早まりすぎて失敗するのを避けたいなら、いったん手を離し、まだまだ刺激を欲する彼女を焦らしてやるのも効果的です。

この最終ステージまで持ち込めば、もうエッチコースは確実です。お好みのやり方で、ご自由にお楽しみください。