アメリカの出会い系サイトは現在、新規に登録する会員で溢れかえっているそうです。その数、わずかこの1年で2倍に膨れ上がったといいますから、ブームというよりちょっとしたバブルですね。

しかし、バブルが起きているアメリカも、日本の出会い系から見ると、まだ可愛い感じがしなくもありません。翻って日本の出会い系の特殊さが見えて来ます。

出会い系がポルノ産業を衰退に追い込んでいる

アメリカの出会い系サイトの伸展ぶりは、あらぬところに影響をもたらしていて、ポルノ産業さえ衰退に導いているそうです。

出会い系を利用したアメリカ人女性の3人に一人が、ファーストデート、日本の出会い系で言うところの面接で、セックスにまで及んでいることが明るみに出たため、それを知ったアメリカ人男性が、そんなに簡単に出来るなら、ということでこぞって出会い系に登録した結果、見るだけのポルノが廃れてしまったというのです。

ポルノを「見る」か出会い系で「やる」かなら、やる方を取ると言うのも、いかにもアメリカ人らしい感じはしますね。

ただ、日本の出会い系の実態からすると、3人に一人という割合を聞いて、意外に少ないんだなぁと言うのが正直な感想ではないでしょうか。

何をいまさらといった感じでもあるわけですが、こう感じてしまうのは、それだけ日本の出会い系では面接をすればセックスが当たり前と化しているからですね。

いずれにせよ、遅まきながらアメリカでも出会い系の実力が、遺憾なく発揮され始めたといったところでしょうか。

日本でもAV不況は深刻

日本でも数年前からアダルトビデオが、めっきり売れなくなっているそうです。

最大の原因は、著作権を無視した動画投稿サイトにあるそうですが、しかし、アメリカ同様、出会い系サイトの影響がまるでないとも言えないと思います。

日本の場合は、出会い系サイトとの関係で言えば、出会い系とセックスは最初から切り離せない関係にありましたから、アメリカと事情は異なりますが、それでも出会い系の「やる」体験が、「見る」だけのAVを凌駕していることは論を待ちませんので、AVでは物足りなくなるのは時間の問題であったのかもしれません。

それだけ、出会い系の体験には強烈なものがあり、一度この世界を知ってしまうと、麻薬のような依存症状態に陥る人も出て来るわけですね。

そうなった人たちに、アダルトビデオを見て我慢しておけといったところで、何の効き目もありません。それはもう無理というものです。

AV不況の遠因を出会い系が作ってしまったような気がします。

メール一本で強姦も和姦になる

街で見かけた女とやりたくなって、実際に無理やりやってしまえば強姦ですね。

ところが、もしもその女が出会い系サイトに登録をしていたとして、事前にメールで会う約束を取り付けていれば、強姦は和姦に早変わりします。

極論かもしれませんが、女が出て来ればやるという点で、日本の出会い系サイトとは、やるためのもの以外何ものでもありません。

事前にメールをしているというだけで、やっていることは強姦に近いことのような気がする時もあります。

なにしろプロフを作った後は、好みの女にメールを打つだけです。たったこれだけのことで、女とコンタクトが取れて、実際にその女が出て来れば、その女を抱くことが出来ます。

メール交換をしてから会うといっても、メールを交換するまでは、まったく知らなかった赤の他人です。

メールをした以外ほとんど知らないと言ってもいい女です。その女を抱くことが出来ます。

こんな世界、他にないんじゃないでしょうか。

そして、これだけ出会いとセックスが結びついている日本の出会い系サイトは、世界的に見ると特殊な存在になるようです。

出会い系サイトは日本の専売特許ではなく世界中にあり、海外の出会い系サイトには上場している企業もあります。上場すれば、投資家はじめ監視の目は厳しくなります。

日本の出会い系では、傘下入りした企業が上場していた例はありますが、出会い系として設立された企業が上場した例はまだありません。

株式公開していないから出来ることもありますね。

ダーティだからやれる

日本では出会い系サイトというと、不倫、浮気、援助交際、売春、児童買春などが想起され、必ずしもいいイメージではありません。

各都道府県の警察は、公式ページでしきりと出会い系サイトの利用を自粛するよう、勧告を続けています。そこへ行ったら、何をされるか分かりませんよ、と警察は親心を見せているわけです。

まるで、あの男のところに行くと何されるか分からないので、あんなのと付き合っちゃ駄目よ、と親が娘を諭しているような感じですね。

しかし、そうした状況にありながら、累積であれ会員数は数百万を超える巨大コミュニティが形成されています。

ダーティでありながら、これだけの人間を惹き付けていることは驚異的です。

そして、このダーティな存在であることが、一種のフィルターとしての機能を果たしているとも言えます。

……にもかかわらず、それでも女は登録をする。

ということはつまり、会えばやれるということですね。

日本の出会い系の特殊性はここに尽きます。会えば、やれるのです。

出会い系というフィルターを通しているから、ここにいる女には、メール一本でやれるのです。