実は狙いめなのは「ネット婚活サイト」って本当?

セックス

ネットで出会いを求めている男女はとても増えてきました。やっぱり安心して確実に出会うためには大手の出会い系サイトがおすすめですが、実は男性にとって最近狙い目なのは「ネット婚活サイト」だって知っていましたか?

ネット婚活サイトには、本気で出会いを求めている女性がたくさんいます。婚活と聞くと重く感じるかもしれませんが、使っている目的が軽めな女性もたくさんいます。結婚するからにはベッドの相性も確かめておかないとと言えば簡単に誘いに乗る子が多いです。

何よりも、ネット婚活サイトには出会い系サイトのようなサクラがほとんどいません。サイトの評判が落ちると会社が立ち行かなくなるため、悪評を防ぐためにサクラを用意しないサイトがほとんどです。

婚活サイトと言っても、やり取りの内容ややり方は出会い系サイトと何も変わりません。少しばかり口調は真面目そうにした方がいいかも、くらいです。

デメリットとしては、大抵のネット婚活サイトでは登録料がかかってしまうことです。けれど出会い系サイトでも大手では登録料がかかりますし、女性も同じだけ払っていると考えれば女性の必死さも伝わりますね。女性が無料で利用できる出会い系サイトだと、気楽に使っているためドタキャンが多いのが事実です。ネット婚活サイトでは、ドタキャンはほとんどありません。

また、本気で婚活をしている女性は最初からお固い結婚相談所に入るので、ネット婚活サイトを利用している女性はそこまで結婚に対してガツガツしていない人がほとんどです。こちらが遊びの気分だったとしても、ネット婚活だから仕方がない、と諦めて次への切り替えが早いです。婚活をしている人は前向きなので、一度くらいあなたに遊ばれても特に強く恨みを持ったりはしません。別れ際にきちんと「僕たちは合わないと思う」と伝えれば、彼女たちはすぐに次の相手を探し始めます。

ネット婚活サイトが狙い目だという理由は、分かってもらえたでしょうか?

使い方はほとんどが、出会い系サイトと変わりません。名前を変えた出会い系サイトだと言っても言い過ぎではないでしょう。またこれが重要な点ですが、大手の出会い系サイトでは埋もれてしまう男性でも、ネット婚活サイトにいけば目立てることもあります。メールのやり取りが苦手でもバカにされることはなく、「遊び慣れていない誠実な人だな」と好意的に解釈してもらえます。うまく使って、簡単に遊べる関係の女性を探してみてくださいね。

最速最短でセックスできたときの体験談

セックス

さて、本日は、わたしのこれまでの経験上、最速最短でセックスできたときの体験談を紹介します。もちろんこんなことがいつでも可能などどいうつもりはございません。でも最速最短でセックスをしようといつも考えているからこそ、こういう経験も可能なのだということを知っていただきたいと思います。

時は3年前、都内で外回りの営業中、先方が待ち合わせ時間を勘違いしていたようで3時間ほど空き時間が出来てしまいました。

営業のかたなら経験あると思いますが中途半端な空き時間が出来てしまう事は珍しくありません(まぁ、故意に空き時間作ってサボるひともいる訳ですが……)。

昼キャバとか行って時間潰すひともいるけど、わざわざ店を探すのもめんどいし、昼キャバはハズレが多いし…そんな時に出会い系サイトが超便利なわけです。

場所が近くて、今すぐ会える(しかも平日昼間)って条件に当てはまる条件の女性は多くはないが、それでもさすが東京!10歳のKちゃんという女の子が「癒やし系デートをしませんか?」とコメントを残しているのを発見したので早速連絡をとってみる事にしました。

「すぐにOK!」のお返事を頂きました。

移動時間を考えると時間はさほど多くないので漫画喫茶で待ち合わせをすることになりました。この時点でわたしは「すごいチャンス」と思いましたね。

指定された漫画喫茶に着くと黒髪ショートの大学生っぽい女の子発見!この子か?

声をかけてみると「Kでーす!待ってましたよ~」と明るい声が返ってきました。

Kちゃんは何て言うかボーイッシュってゆーの?そんな感じ。胸は残念ながらなさそうだがスラッと細長い感じの子でした。

とりあえず時間もないし、暑いので中に入ることに…フロントでカップルシートを選択して中に入る。

ジュースを飲んで一息つくと俺はKちゃんに「時間があんまりないから一時間位で癒やしてもらえると嬉しいんだけどな~」と話を振ってみた。

すると外回りで汗だっくだくだった俺を見てKちゃんが「じゃあシャワーで洗いっこしない?」と素敵な提案。

Kちゃんいわく、ここの漫画喫茶はチェックがあまいから二人でシャワーに入る事も出来るらしいんです。

フロントでタオルをレンタルしてシャワールームに直行。

周りに店員や他の客がいないのを確認してから、シャワールームの近くで立ち読みしていたKちゃんに目で合図をする。

俺がフロントで借りた鍵でシャワールームの扉を開けるとスッとKちゃんが入ってきた。

「へへ~この瞬間はちょっと緊張するんだよね~」といたずらっ子みたいに笑うKちゃんにちょっと癒やされました。

でも脱衣所で洋服を脱がせっこしている時の彼女はさっきの子供っぽい表情とは一転して色っぽい感じ。

早くも俺のあそこが臨戦態勢になってるのを見た彼女は「あはっもう限界って感じだね?」っとあそこにキス。

もう限界突破しそうな俺は残りの衣服を手早く脱がせるとすぐにシャワールーム入室。

さっそく彼女はボディーソープを泡立てて俺の体を上から順に手洗い。

俺のあそこにたどり着くと「洗いやすそー」と一言、だってギンギンにおったってますもん。

石鹸と俺の●●汁でヌルヌルになったあそこを手で丁寧に洗ってくれるもんだからあっという間にイってしまいましたよ。

お礼に…と言って今度は俺がKちゃんの中を綺麗にする番。

声が漏れないようにシャワーを出しながら、何度も何度もKちゃんの中をこすり洗い。

Kちゃん気持ち良すぎてお尻動いちゃってますw

もちろんそのあとはきっちり挿入もたのしみました。

シャワールームから出る時がまたドキドキでしたが充実した一時間を過ごせました。

割り切った出会い(援助交際)を成功させるコツ

セックス

一夜限りの割り切った出会いを求めて出会い系サイトを利用している方も多いかと思います。

ただなかなか割り切った出会いをオープンに募集している女性は少ないため、成功に繋げるためにはコツが必要になってきます。ここではそんな割り切った出会いを成功させるコツをご紹介します。いわゆる援助交際ですね。

割り切った出会いを求めている女性を探す

まず、「友達が欲しい」、「恋人が欲しい」、「結婚相手が欲しい」などあきらかに目的が違う女性は最初から対象からはずす事をおすすめします。こういったタイプの女性と割り切った出会いをするのは100%無理な訳ではないですが、かなり難しく高度なテクニックが必要です。

このため、「最近、欲求不満です」、「夜遊びしたい」、「夜さみしい」など、割り切った出会いを連想させるワードを発している女性の中から探す方が合理的です。まずはそういった軽そうな女性を探し、練習していく事をおすすめします。ただし、余りに不自然なほど積極的なワードを発してる女性はサクラの可能性が高いですので注意が必要です。

コミュニケーションをはかり、緊張をほぐす

いくら割り切った出会いを求めている女性であっても、メール1、2通して「はい直ぐに会いましょう」にはなかなかなりません。相手は最初あなたを警戒していますので、緊張をほぐす事が大切です。軽く自己紹介や雑談などをして相手の緊張をほぐしてください。硬くなりすぎず、ふざけすぎず、適度な感じのコミュニケーションを心掛けてください。

なお以下の様な話題は極力さけるのが懸命です。

  • 相手の容姿や年齢などをしつように問う
  • 相手のプライベートを執拗に問う
  • 自分の事しか話さない
  • いつ会うか? についてしか話さない

など。

なおメール文章よりも声があった方が緊張がほぐれやすく出会いに繋がりやすいため、できれば電話音声でも会話する事をおすすめします。

出会いを先延ばしにしない

相手の緊張をほぐす事は大切ですが、事前のコミュニケーションをダラダラと続け、いつになっても出会いの話を切り出さないのもNGです。割り切った出会いを求めている女性の場合は、相手も一夜の割り切った出会いを求めていますので、メル友のようなダラダラした会話を続けていると逆に嫌気され別の方に乗り換えられてしまう事があります。

ある程度緊張がほぐれてきたら、いつ会うかの具体的な話を切り出してください。

OKが出ても気を抜かず

「会ってもいいよ」のOKが出でもまだ成功ではありません。ここで下手を打つと全てが台無しになる事があります。

OKがでても「これから会おう」、「ここで何時で会おう」と自分の要望を押し付けていくのではなく、まずは女性側の要望(場所、日時など)を聞き極力相手の要望を優先してください。女性側が「特に要望はない」、「どこでもいい」と言い返してきた場合は、事前のコミュケーションで得た情報から出来る限りその女性が喜びそうな場所や日時を選び待ち合わせしてください。こうする事でより確実に割り切った出会いに発展させられるでしょう。

インターネットでもっとも簡単に女性とセックスする方法は、婚活サイトの女性たちを食うことです!

セックス

断言しましょう。

インターネットでもっとも簡単に女性とセックスする方法は、婚活サイトの女性たちを食うことです!

あなたが婚活をしていようがしていまいが、独身だろうが既婚だろうが関係ありません。婚活目的で活動している女達ほど、簡単にセックスができる存在はいないのです。

だって、彼女たちは、男性と結婚するために男性に気に入られなくてはならないんです。セックスを拒否したら嫌われるかもしれないという強迫観念のもとに行動しているのです。

であれば、あなたは、さも婚活している風を装って、婚活サイトに入会し、かたっぱしからセックスしまくればいいのです。

女性に個人情報を教えなければ、あとで切るのも簡単です。

何度でも心ゆくまで色々なセックスを楽しんだあとに、音信不通にしてしまい、また次の婚活女とセックスをしていけばいいのです。

会えばやれる

セックス

アメリカの出会い系サイトは現在、新規に登録する会員で溢れかえっているそうです。その数、わずかこの1年で2倍に膨れ上がったといいますから、ブームというよりちょっとしたバブルですね。

しかし、バブルが起きているアメリカも、日本の出会い系から見ると、まだ可愛い感じがしなくもありません。翻って日本の出会い系の特殊さが見えて来ます。

出会い系がポルノ産業を衰退に追い込んでいる

アメリカの出会い系サイトの伸展ぶりは、あらぬところに影響をもたらしていて、ポルノ産業さえ衰退に導いているそうです。

出会い系を利用したアメリカ人女性の3人に一人が、ファーストデート、日本の出会い系で言うところの面接で、セックスにまで及んでいることが明るみに出たため、それを知ったアメリカ人男性が、そんなに簡単に出来るなら、ということでこぞって出会い系に登録した結果、見るだけのポルノが廃れてしまったというのです。

ポルノを「見る」か出会い系で「やる」かなら、やる方を取ると言うのも、いかにもアメリカ人らしい感じはしますね。

ただ、日本の出会い系の実態からすると、3人に一人という割合を聞いて、意外に少ないんだなぁと言うのが正直な感想ではないでしょうか。

何をいまさらといった感じでもあるわけですが、こう感じてしまうのは、それだけ日本の出会い系では面接をすればセックスが当たり前と化しているからですね。

いずれにせよ、遅まきながらアメリカでも出会い系の実力が、遺憾なく発揮され始めたといったところでしょうか。

日本でもAV不況は深刻

日本でも数年前からアダルトビデオが、めっきり売れなくなっているそうです。

最大の原因は、著作権を無視した動画投稿サイトにあるそうですが、しかし、アメリカ同様、出会い系サイトの影響がまるでないとも言えないと思います。

日本の場合は、出会い系サイトとの関係で言えば、出会い系とセックスは最初から切り離せない関係にありましたから、アメリカと事情は異なりますが、それでも出会い系の「やる」体験が、「見る」だけのAVを凌駕していることは論を待ちませんので、AVでは物足りなくなるのは時間の問題であったのかもしれません。

それだけ、出会い系の体験には強烈なものがあり、一度この世界を知ってしまうと、麻薬のような依存症状態に陥る人も出て来るわけですね。

そうなった人たちに、アダルトビデオを見て我慢しておけといったところで、何の効き目もありません。それはもう無理というものです。

AV不況の遠因を出会い系が作ってしまったような気がします。

メール一本で強姦も和姦になる

街で見かけた女とやりたくなって、実際に無理やりやってしまえば強姦ですね。

ところが、もしもその女が出会い系サイトに登録をしていたとして、事前にメールで会う約束を取り付けていれば、強姦は和姦に早変わりします。

極論かもしれませんが、女が出て来ればやるという点で、日本の出会い系サイトとは、やるためのもの以外何ものでもありません。

事前にメールをしているというだけで、やっていることは強姦に近いことのような気がする時もあります。

なにしろプロフを作った後は、好みの女にメールを打つだけです。たったこれだけのことで、女とコンタクトが取れて、実際にその女が出て来れば、その女を抱くことが出来ます。

メール交換をしてから会うといっても、メールを交換するまでは、まったく知らなかった赤の他人です。

メールをした以外ほとんど知らないと言ってもいい女です。その女を抱くことが出来ます。

こんな世界、他にないんじゃないでしょうか。

そして、これだけ出会いとセックスが結びついている日本の出会い系サイトは、世界的に見ると特殊な存在になるようです。

出会い系サイトは日本の専売特許ではなく世界中にあり、海外の出会い系サイトには上場している企業もあります。上場すれば、投資家はじめ監視の目は厳しくなります。

日本の出会い系では、傘下入りした企業が上場していた例はありますが、出会い系として設立された企業が上場した例はまだありません。

株式公開していないから出来ることもありますね。

ダーティだからやれる

日本では出会い系サイトというと、不倫、浮気、援助交際、売春、児童買春などが想起され、必ずしもいいイメージではありません。

各都道府県の警察は、公式ページでしきりと出会い系サイトの利用を自粛するよう、勧告を続けています。そこへ行ったら、何をされるか分かりませんよ、と警察は親心を見せているわけです。

まるで、あの男のところに行くと何されるか分からないので、あんなのと付き合っちゃ駄目よ、と親が娘を諭しているような感じですね。

しかし、そうした状況にありながら、累積であれ会員数は数百万を超える巨大コミュニティが形成されています。

ダーティでありながら、これだけの人間を惹き付けていることは驚異的です。

そして、このダーティな存在であることが、一種のフィルターとしての機能を果たしているとも言えます。

……にもかかわらず、それでも女は登録をする。

ということはつまり、会えばやれるということですね。

日本の出会い系の特殊性はここに尽きます。会えば、やれるのです。

出会い系というフィルターを通しているから、ここにいる女には、メール一本でやれるのです。

アダルトビデオ鑑賞よりも出会い系サイトですけべな女を探そう

セックス

アダルトビデオを見てばかりいる男性は晩婚化の傾向があるという調査結果が発表され、話題となりました。

つまりアダルトビデオばっかり見ていると本物の女性に目が向かなくなっていくんですね。

確かに、アダルトビデオを見てオナニーするのも気持ちのいいものですが、やはり生身の女性のあそこは比較にならないくらい気持ちがいいです。

しかも出会い系には、アダルトビデオに出てくるAV女優さんよりも、もっとスケベな女性がたくさん登録しています。

アダルトビデオの素人企画物などではよく、素人ほどスケベなものはないというキャッチコピーが常套句になっていますが、出会い系サイトに登録しているのはまさにそのスケベな素人なんです。

出会い系サイトで助平な素人と知り合うのはいたって簡単。登録をすれば半ば知り合えたようなものです。

アダルトビデオを見ている時間をすべて、出会い系サイトに割いてください、とは言いません。その半分の時間を出会い系に割くだけで、生身の女性とアダルトビデオよりエロい体験ができます。

この秋、見るから、やるへ、エロに対する嗜好を進化させてみてはいかがでしょうか。

無修正を見るなら出会い系で相手を探す方が安い

アダルトビデオと一口にいっても、さまざまなジャンルがあり、ソフトビデオに近いものから無修正まで、露出の程度にも段階があります。

中でも無修正が好きな男性には、性的な欲求不満の代替をアダルトビデオで済ます傾向が強くある、と言えるのではでしょうか。

それだけに、無修正を見ている男性は、性交渉の相手さえいれば、毎日でもセックスを飽かずにする、本来は肉食系のポジティブな人が多いように思います。

ネットの時代、絡みにモザイクをかける日本のアダルトビデオに違和感を感じたらすぐ、海外にサーバーを置く無修正サイトの作品を簡単に見れます。

また、著作権を無視した投稿も後を絶ちませんから、スパムなどのリスクさえ覚悟すれば、無料の動画掲示板で無修正作品をタダ見することも簡単に出来ます。

それでも無修正サイトが無くならないのは、それだけ撮り降ろし作品に需要があるためだと思いますが、それを見るには会費の支払いが必要になります。

無修正サイトの多くは月額制です。一月の料金は今のレートで4500円程度が相場になるでしょうか。

これを高いと見るか安いと見るかは価値観ですが、大手出会い系サイトの一般的な一月の利用料からすると、少し高いかなという感じがしないこともありません。

大雑把な言い方になりますが、出会い系サイトだと、だいたい女性一人と会うまでに要する費用(ポイント)は、3000円くらいです。つまり3000円あれば一人とはやれるのです。

しかも、無修正サイトに出てくる女優さんと寸分違わないか、もしくはそれ以上に助平な素人さんと、無修正サイトでしているような遊びがたったの3000円で出来てしまいます。

もちろん面接会場までの交通費ですとか、面接場所を喫茶店や居酒屋に指定したのであればその支払い、そしてラブホ代は別途かかりますが、それでもそれほど高額になるわけではありません。

また今現在、無修正サイトが見れるネット環境にあるのであれば、そのまま出会い系サイトを使える環境であるわけですから、手間もかかりません。

何事も、見るとやるとでは大違いです。無修正サイトを一月間見終えたら、次の一月は出会い系で実地に移してみるのも楽しいのではないでしょうか。

ビデオ鑑賞では得られない体験になるはずです。

晩婚時代にはアダルトビデオよりも出会い系がぴったり

晩婚だからアダルトビデオを見るのか、アダルトビデオを見ているから晩婚になってしまったのか、コロンブスの卵かもしれませんが、晩婚とアダルトビデオには相関関係があることは、先述の調査結果の教えるところです。

しかし、晩婚の理由として、アダルトビデオで性的欲求が満たされていることに加え、経済的理由が存在するとしたら、出会い系はアダルトビデオ以上に結婚していない男性にも女性にも最適です。

何らかの理由で結婚はしていないけれど、アダルトビデオを見るほどに性的なことへの関心が強く、事実性欲も強いのであれば、出会い系で知り合った異性との関係ほど、適合性の高いものはないと言えるからです。

なぜなら、出会い系サイトに登録をしている男女の多くは、結婚までは考えていないからです。それでいて、セックスは当然のことと認識しています。

結婚の義務を果たさずにセックスが伴った男女関係を持つことは、誰しもが一度は夢見る理想の関係であり、あればいいなと思える関係ですが、出会い系サイトではそうした関係を簡単に作ることが出来るのです。

晩婚化は進む一方

日本の晩婚化は男女共に進んでいます。

もはや結婚していないからといって、性欲処理はアダルトビデオで済ますなんて時代ではないのです。

それを反映してか、アダルトビデオは売れなくなってきています。

晩婚化の時代は、出会い系サイトに登録しておき、素敵な相手が見つかったらアバンチュールを楽しむことが男女とも、現代人のスマートな生き方になりつつあります。

出会い系サイトのギャンブル性

セックス

最近ではユーザー離れによるパチンコ不況も囁かれていますが、パチンコといえば今も庶民の娯楽、身近なギャンブルの代名詞です。

ギャンブルですから勝つこともあれば負けることもあります。それでもパチンコの還元率は8割程度といわれています。

ちなみに宝くじの還元率は4割強ですから、完全に神頼みの宝くじより、技術を要するパチンコは、打つ技術に応じて還元率を高めることが出来るということですね。

出会い系サイトもパチンコに似ているところがあります。

まずは料金ですが、パチンコ代とさして変わりません。パチンコユーザーが1時間に使う球代の平均は700円くらいだそうですが、出会い系で女性一人と会うのに要するメール代(ポイント)もだいたいその程度です。

パチンコの出球率、還元率に相当する指標は、出会い系サイトの場合は出会い率になりますが、こちらも技術を身に付ければいくらでも高めることが可能です。

ある大手出会い系サイトでは、長らく「出会えた確率74.5%」をアピールして宣伝を掛けていたことは、よく知られています。

出会えた確率74.5%とは、出会い系サイトによるユーザーに対するアンケート結果ですから、多少差し引いて考える必要があるかもしれませんが、それでもかなりの高確率になるのではないでしょうか。

アンケート結果を少し詳しく見ると、3日以内で出会えた確率は63%ほどとなっていました。

アベレージの高低はともかくとして、100%とはならないところがミソです。

仮に、パチンコの還元率が100%になったら、おそらくパチンコの人気は今以上になくなると思います。

パチンコをする人は、パチンコ屋のドアを開けるとき、当たるかもしれないけど外れるかもしれない、期待と不安を交互に抱きつつ、当然勝つ気で店にいくわけです。

それがもし、買った玉の分は100%間違いなく還元するけど、それ以上の儲けも出ないとなれば、誰もパチンコをしなくなります。それでは射幸心が満たせないからです。

出会い系サイトにしても、100%出会える確率を保証する代わり、出て来るのが業者まがいの風俗嬢だとしたら、誰も出会い系サイトなど使わなくなります。それなら直接風俗店に行く方が早いからです。

出会い系サイトに登録するのは、素敵な出会いを求めてのことです。出会えないかもしれない不安よりも、出会いに対する期待が優るから登録するわけです。

パチンコでは2割の人が損をするように、大手出会い系サイトの力をもってしても、25.5%の人は残念ながら出会うことが出来ていません。

その代わり74.5%の人は、アンケートに答えるくらいですから、満足の行く出会いを果たしているわけです。

その程度のギャンブル性は、出会い系サイトにも存在します。

繰り返しになりますが、そのギャンブル性には、100%の保証にはない、どれほど魅力的な人が出て来るか分からない面白さと期待感があります。

これが出会い系サイトの持ち味です。

出会い系サイトを使えば、恋愛対象外の容姿でもセフレづくりは可能です

セックス

マイナビが運営する、女性総合サイト「マイナビウーマン」に、男としてはちょっと気になるランキングが掲載されました。

女性が、「ごめんなさいっ! 「申し訳ないけど、恋愛対象外……」と思ってしまう男性の容姿TOP10」なるものがそれです。それによりますと、

  • 第1位/「太っている」……30.7%
  • 第2位/「背が低い」……10.9%
  • 第3位/「髪の毛が少ない」……6.6%
  • 第4位/「ひげを伸ばしている」……5.8%
  • 第4位/「内股」……5.8%
  • 第6位/「筋肉がない」……5.1%
  • 第6位/「体毛が多い」……5.1%
  • 第6位/「歯並びが悪い」……5.1%
  • 第6位/「髪の毛がいつもボサボサ」……5.1%
  • 第10位/「長髪」……4.4%

ごめんなさいっ! 「申し訳ないけど、恋愛対象外……」と思ってしまう男性の容姿TOP10|「マイナビウーマン」

という結果になっています。

もちろんセフレづくりも恋愛と一緒。女性に好感をもってもらわなければならないんだから、こういうことに注意を払わなくてはなりません。

ちなみに、ダントツの第一位となった「太っている」、いわゆるデブが敬遠される理由としては、デブは健康にも悪く、自己管理ができない印象を相手に与えるからだそうで、体も気持ちも不健康な感じがして、さけたくなってしまうのだそうです。

人間ですから、本能的に避けたくなる相手が存在するのは理解できます。とりわけ外見は、「生理的に無理!」というものがあるのもうなずけます。

では、上記ランキングに当てはまる人は、それだけの理由で本当にセフレ作りを諦めなくてはならないのでしょうか?

そんなことはありません。

いうまでもなく、人間は外見と容姿だけで判断されるものではないからです。

外見より先に、言葉(メール)で始まる出会い系サイトにあっては、上記ランキングの結果を覆す成功事例が山のようにあります。

恋愛で求められるものはコミュニケーション能力

上記ランキングは、外見が成否を決めるストリートナンパでは、そのまま当てはまるかもしれません。

しかし、男女間の恋愛では、デリケートなコミュニケーション能力が求められます。それが、必ずしも外見と比例するものでないことは、周知の事実です。

ネットにおけるコミュニケーション能力として重要なものに、文章の力、トーク力があります。

出会い系サイトを介したセフレ作りでは、どちらかといえば外見よりも、筆の力、文章力がモノを言います。

つまり、上記ランキングに当てはまる人でも、文章によるコミュニケーションに力を注げば、女性と内面的な意思疎通をはかることは困難でないどころか、むしろ後々まで上手く行くことが心理学的に実証されています。

とはいっても、面接を経て出会いが完結する以上、外見が全く度外視されることにはなりませんが、その比重はストリートナンパとは比較にならないくらい低くなります。

出会い系サイトでは、外見を気にするより、文章力を身に付けて、円滑なコミュニケーションを図る方が、はるかに成功の近道です。

出来るだけ多くのメールをかわしておく

先ほど、文章で意思疎通をしておくことが、出会いを成功させやすいことは、心理学的に実証されていると書きました。

どういうことかといいますと、会った時すでにお互いについて多くのことを知っていれば、それだけ話題に事欠きません。

趣味、嗜好、さらにはイデオロギーであるとか、考え方についてより深く相手のことを知ってから会う経験をすると、そうではない出会い、端的にはストリートナンパのように、外見以外何も知りえない状態で会うことに、物足りなさを覚えがちです。

それはそうですね、外見以外知らなければどうしても話題は限定されてしまいます。それがせっかくの出会いを、魅力あるものと思えなくさせるというわけです。

それでは逆に、出会いを魅力あるものにするためにはどうすればいいかといえば、とにかくたくさんメールを交換しておき、出来るだけお互いの理解を深めておくことが肝要だということです。

面接段階で如何に相手のことを知っているか、相手を理解しているかこそが、出会いの成否を左右するといっても過言ではありません。

面接に際して外見ランキングは参考になる

外見に先行するメールによって、すっかり相手の気持ちをとらえたからといって、それで何もかもが上手く行くと考えるのは、いささか早計かもしれません。

実際の面接で相手を取り逃しては、それまでの苦労も水泡に帰してしまうというものですから、やはり外見上の対策もある程度は必要です。

対策を練るに際し、冒頭で挙げた「恋愛対象外と思ってしまう男性の容姿ランキング」は、女性がどういう外見を嫌うかを知る指標として使えます。

背が低いとか髪の毛が少ないといった、身だしなみとは異なり遺伝的要素の強いものはどうすることも出来ませんし、そのことは女性も理解するものです。

しかし、無精ひげを生やしているですとか、髪の毛の手入れをしないのでいつもボサボサで、散髪にも行かないので毛が伸び放題といった部分は、心がけ次第でどうにでもなることですから、あえて女性が嫌だと思う状態にしておくこともありません。

こうしたところに少し気を配って面接に臨めば、外見よりメールの印象が優る出会い系サイトを介した出会いでは、たとえ女性が恋愛対象外に思えてしまう容姿であっても、恋愛関係に持ち込むことは十分可能になるのです。

出会い系サイトで出会った女子に信用してもらうテクニック3選

セックス

出会い系サイトに男女の出会いを求めてくる女の子は、意外と口説きやすいと勘違いしている男性も少なくありません。

確かに寂しさを埋めるためだけに簡単に心と身体を許してしまう女子もいますが、結構真面目に良縁を求めてくる女の子も多いのです。

男性としてはそのような純朴そうで、真面目な女子と付き合いたいと思いますよね?

しかしながら、そこにはテクニックが必要です。出会いの入り口が、誰でも気軽に利用できる出会い系サイトですから、まずは女性に自分を信用してもらうことが最優先!

そこで今回は【出会い系サイトで出会った女子に信用してもらうテクニック3選】と題して、ご紹介していきます。

出会いを自分のものにするために、是非チェックしておきましょう。

テクニック1.初めてのデートは日中にしよう

出会い系サイトを通じて、直接会う約束まで出来たのなら、ゴールはもう少しです。肝心なのは、初デートの時に相手があなたに抱く第一印象!

ここで信用してもらえば、意中の女性をゲット出来たも同然と言うわけです。

ポイントは【初めてのデートを日中にすること】です。お酒と一緒の場の方が、相手の緊張もほぐれると思っていませんか?

確かにアルコールの力を借りた方が簡単そうですが、相手の安心感をゲットするためには【日中デート】に限ります。

カフェで一時間程度お茶をする・ランチに行く・会社の通勤前に会うなど、ちょっとした時間でもよいので、お日様が照っている日中に会うことをオススメします。

日中に短時間会うことで、出会い系サイトを利用している女性のほとんどが気にしている「男性の下心」に対する不信感をカットできるのです。

テクニック2.ボディタッチは基本的になし!

メールや電話のやりとりで「今度会ったら、手をつなぎたくなっちゃうかも」などと大きな口を叩いていても、初デート当日に実行に移すのは止めましょう。出会い系サイトという気軽な出会いから始まっているからこそ、デートの進行具合はスローペースで良いのです。「この人、奥手だなぁ」と女性が思うくらいが、ちょうど良し!

信用度をグッと高めれば、自然と女性のほうからよってくるのでご心配なく。

テクニック3.初デートの時はタメ語+丁寧語を混ぜて

初めて会った時には、お互いに適度な距離を持っておく必要があります。敬語だけだと女性の方が委縮してしまいますし、普段男友達と話しているような言葉遣いでは引かれてしまいます。

そこで、ある程度の丁寧さを残しながらも、タメ語を織り交ぜて話しやすい環境を作り上げましょう。あなたが【タメ語+丁寧語】で話していけば、相手も自然とそのようになって、距離もどんどん縮まって行くと思います。

まとめ

いかがでしたか?出会い系サイトで知り合った女性と真剣交際を望むなら、まずは【信用】してもらうことが一番大切です。そのためには、スローペースで恋愛を進めて行くことが望ましい!日中のデートを何回か重ねた上で、飲みに誘うなどプランを綿密に立てていくことがポイントです。

これらのテクニックを身につけて、真剣交際につなげていきましょう。

出会い系サイトはいくら出せば良い?

セックス

出会い系サイトを利用する時に1ヶ月あたり、皆さんいくらぐらい支払っていますか?

2000円という人もいれば、5000円という人もいるでしょう。

都度払いと月額制でかかる費用も変わってきます。

大体いくらぐらい支払えば、出会えるのか検証していきましょう!

都度払いの特徴

出会い系サイトでよくある支払方法が都度払い。「プロフィールを見たらいくら」、「メールを送信したらいくら」、「連絡先を交換したらいくら」というようなスタイルがありますね。

女性はほとんどの項目が無料で、男性が有料になるケースが多いです。都度払いで注意したいのは無料で使用できる回数が少ないということ!

例えば、メールを3回まで送信するのは無料で4回以上になると、お金が発生するという出会い系サイトもよくあります。

はっきり言って、その無料回数内で出会いに結びつけるのはかなり困難。こういった都度払い制は悪質な出会い系サイトの割合が多いです。

サクラが多く存在し、引っ張るだけ引っ張ってお金を課金させるというもの。出会い系サイトという概念を抜きに考えて、5、6回もやり取りをすればそろそろ連絡先を教えても良いかなと普通はなるでしょう。

それでも永遠にサイト内でのみ連絡を要求してくる女性はサクラの可能性大です。

定額制の特徴

定額制は1ヶ月あたり何回やりとりをしても、3000円などと決まっているサイトです。安心感を求めるにはこちらの方がおすすめ!

ラブサーチ、ユーブライト、エキサイト恋愛結婚など世間的に信頼度の高い出会い系サイトはほとんどが月額制。中には年齢確認や24時間専門のスタッフが監視してくれているサイトもあるので、都度払い制より明らかに安心感が違います。

都度払い制は月額2000円から4000円程度が相場。中にはヤフーパートナーのように1500円から始められるものもありますが、利用できる項目が限定されてしまうため、とことんやり尽くしたいという人は制限のないプランを選択するのがお勧めです。

出会い系サイトは、いくら支払えばよい?

人によって人気があったり、あまり反応がないというケースもあるので、一概には言えませんが、月額5000円以上支払うのは避けたいところ。

月に5000円払えば必ず出会えるというものではありませんからね。会員数は急激に増えるわけではないので、数ヶ月続けるとメッセージを送る相手も限定されがち……。
そういった意味では入会して最初の数ヶ月が勝負でしょう。

都度払いの方がうまく行けば低コストで出会えると考える人もいますが、現実的にはすぐに連絡先を教えてくれる女性は稀なケースなので、月額制で1ヶ月はしっかりと腰を据えて利用した方がうまくいく可能性が高いです。

高い支払いを避けるには

同じ3000円でも全く出会えない人、逆に2、3人と出会える人もいます。その違いは、出会い系サイト選び!

会員数が多いサイト、男女の比率で女性が多いサイトなどを選択しないと同じ料金の使っても出会えない可能性があります。

また自分の住んでいる地域に会員がどれぐらいいるかもチェックしましょう! 噂や口コミだけでなく会員属性をチェックしておかないと、理想的な出会いが実現しなくなってしまいます。

そして一つのサイトに固執しないで、2、3程度、サイトに登録して比較してみるのも良いでしょう。あまり、のめり込まずに1ヶ月に使う料金は自分の中で上限を決めておきましょう。

以上出合い系サイトで支払う金額について検証しました。安いサイトだと月額2000円程度で利用できますので婚活パーティや結婚相談所を利用するより明らかに格安です。1ヶ月単位で契約する形ならすぐに退会する事も可能なので、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ページの先頭へ